カテゴリー別アーカイブ: 日々のお話

夜の二条城にて七夕文様帷子を

今日は夜の二条城へ行ってまいりました。


昨年清滝テラでも展示をしていただいた、後藤順子さんと高橋裕博さんの「七夕文様帷子」(国立博物館の美しい着物を二人が4年半の月日を掛けて再現したものです)が、京都市主催の「京の七夕」の一環として、世界遺産二条城の、国宝二の丸御殿台所にて、8月12日まで展示されているのです。


私はご近所ですので、自宅から自転車に乗って、夕涼みがてらに出かけましたが、城内は随所にライトアップされていて、海外の方や浴衣姿のカップルなどたくさんの人!
二の丸御殿では琴の演奏もあり、華やいだ雰囲気です。


そんな中、後藤さん、高橋さんも会場に詰めておられ、七夕文様帷子の展示はもちろん、お二人による制作解説などの時間もありました。

海外の方々も興味を持って見て下さっていて、希望者にはちょっと着物を羽織らせてくれたりもしていましたよ!


展示は8月12日まで、時間は夜19:00~21:30(入場21:00まで)。二条城の入場料大人500円が必要ですが、夕涼みがてら二条城城内も散歩でき、気持ちよかったですよ。

7月3日の報告

遅ればせのご報告になりましたが、7月3日の「命を紡ぐ出会いの会」、緑の法然院にて無事終了致しました。
開場してみれば、お客様は次々来て下さり、当日お越しの方を含め、入場者は100名を越えました。

ドキュメンタリー映画「つ・む・ぐ」の上映会は1時間半の長さでしたが、ときに笑いが起こり、ときに涙があふれ、時間は短く感じられました。上映後には、吉岡敏朗監督が挨拶に立ち、軽快に端的に映画のことを語って下さいました。

 

休憩を挟んでからは、山本公成さん、ほしこさんの月ゆめライブ。笛の音が夕方の緑の法然院の内に外にと響き、いつまでも聞いていたい!と思う心地良さでした。凝縮した時を感じる演奏でした。

 

最後は船戸崇史先生のお話。
冒頭に用意されたパワーポイント映像がプロジェクターと同期しないというハプニングがありましたが、すぐに先生が頭を切り替えて下さり、「きっと今日はこれは使うなということなのでしょう」と生のお話にして下さったのです。それがまたよかった。生の言葉で私達ひとりひとりに具体的に語りかけて下さるようで、お話がダイレクトに中まで伝わった気がしました。

締めは船戸先生の音頭とりによる「かに踊り」。これ一度やってみたかったんです!私。人生は思うようにいかないことばかり、、、と思う時も多いのに、ほんとに言えるんだろうか?そんな思いもあったのですが、あなたもやってみればわかります。

「すべてはうまくいっている」言ってみることで、やってみることで、動くものってあるんだなあ!と。

最後は会場中がハグの渦となって、あんなに暑かったのに、汗もかいていたのに、そんなことはどうでもよいことに思え、知らない方も含めて、ホントに数多くの人と思いを共有する会となりました。
おかげさまで、福島の子供たちを和歌山と堺に招く保養キャンプへの寄付金は、当日の収益金(前回残金含む)と会場内でのカンパも合わせて、16万円余となりました。
皆様の大きなご協力に心より感謝します。

それぞれの方が、身近なところから、自分にできる何かを紡いでゆかれることを願ってやみません。
ありがとうございました。

不思議な1日

昨日はとても不思議な1日でした。

我が家では、この時期、毎年奈良の山中に新茶を買いに行きます。
そこは、山と畑、茶畑が広がる静かな気持ちのよい山里で、私達はその場所もお茶の味も大好きなので、もう30年以上も、そこに1年分のお茶を買いに出かけています。
まわりは、春日大社の神山として狩りや伐採を禁じられて来た原始林がひろがり、古い歴史の趣残る地域でもあります。また、カンヌ映画祭でグランプリを取った河瀬直美監督の「殯の森」の舞台になった地域でもあります。

さて、今年も頼んであった新茶を農家で分けていただき、その帰りのことです。夫がふとなぜか、いつもとは違う道に行こうと言い出しました。その道を進んで行くと、山道はどんどん狭くなり、木や草がうっそうと生い茂り、車一台通るのもやっとこさっとこという状況になりました。しかも、山はかなり深く、行けども行けども抜けられません。しかも天気は雨。もちろん車一台、人っ子一人出会いません。

ひどい道に来てしまったと、なんだか心細くなり、姥捨て山に来たような怪しい気分に陥りながら道を進んでいると、突然、信じられない光景と出くわしてしまいました。

その細い山道のカーブで、トラックが一台、道の端の溝に落ちて傾き動けなくなっているのです。しかも、そのトラックをよけようとしたのでしょうか、反対側の溝には、もう一台別の乗用車が、こちらも溝にはまって、これまた動けなくなっています。

トラックの人は、助けを求めにどこかに行ったのか、姿が見えません。乗用車の人は、雨の中、ひとり、どうしたものかと途方に暮れています。こちらも2台が道を塞いでいるので、進むことも戻ることもできませんから、なんとかすべしとお手伝いすることになりました。

病み上がりの夫は力仕事はできませんが、これまたなんという偶然か、昨日は、たまたま息子が京都にいたので、めったにないことですが同乗していました。それで、木や石を探してタイヤの下に挟んだり、皆で車を持ち上げようとしたり、、。最後に、車に積んであった折りたたみの金属椅子を溝に敷いて、エンジンをかけ、ついになんとかタイヤを溝から出すことに成功しました!

乗用車は、アンテナが折れたり車体がへこんだりはしていましたが、運転に支障はないようで、そのまま進行して行きました。そうこうするうち、トラックの方も、若い運転手さんが、麓の村から助けの人を呼んで来られたようで、こちらも何とかなりそうでしたので、私達は、なんとかそこを抜けて、それから15分ほど走り、山道を抜けることができました。

いつもの道を走っていれば、こんな山道に来ることはなく、こんな事故現場に出会うこともなかったでしょう。でも、なぜかその日そのとき、この道に来たおかげで、あんな山中で動かない車を抱えて困っている人を手助けすることになりました。

私達はいったい運が良かったのか悪かったのか、人はどこでどんな偶然とともに生きているのか、必然と生きているのか。
なんだかとても不思議な感覚となった1日でありました。

春の一日

我が家の恒例行事、京都西山にタケノコを買いにいく。
いつもおばあちゃんと愛犬カリンが一緒で、二人ともここが大好きだったので、今年はその二人ともがいなくて、どうにも盛り上がらない(おばあちゃんは手と足を骨折して入院中、カリンは昨年12月に急逝)。

以前の写真を探してみたら、、、あったあった。

おばあちゃんとお弁当食べている写真は去年の春に写したもの、もう1枚は同じ場所の今年。

カリンの写真は一昨年と今年。

今年も、タケノコを買い、ワラビ採りができたことに感謝しなくては。