2017年の催し

2017年テラの催し予定                    *会場はいずれも清滝テラ

3月1日(水)〜3月8日(水) 向坂典子作品展  〜自然と遊ぶ 自然から創る〜 

陶芸家と言い切るにはあまりに多彩で器用な向坂典子さんと、早春の清滝で楽しむ1週間です。陶器、絵、柿渋染め、はりこなどの作品展のほか、薪ストーブを囲みながら陶器の金継ぎをしたり、柿渋竹紙でかごを作ったり、ちょっと外に出て自然の一葉一草をスケッチしたり。毎年恒例の清滝川原でのワイルドな野点(3/3)は、自然の中でお茶とお菓子をいただくほか、抹茶茶碗や柿渋袋もお持ち帰りいただけるお楽しみ付きです。

4月1日(土)〜4月9日(日) かつみゆきお 木の仕事 〜木々と出会う〜

かつみさんが50年あまりかけて集め、倉庫で長く出番を待っていた見事な名木希木(貴木?奇木?)変木たちを、今回は板の状態で連れてきてもらう計画です。家具オーダーやこたつテーブルの天板使用など、ご家庭でのいろいろなご相談にも応じられます。プロアマ問わず木から何かを作りたい方にとっても、ちょっとお目にかかれない木たちと出会えるチャンスかも。もちろんかつみゆきおさんが仕上げたいつもの手作り家具や額もありますよ。

5月13日(土)〜15日(月) もんでん奈津代 ツバルのゴザ編みと写真とお話            

南の島、ツバルと日本を行き来して暮らしているもんでん奈津代さん、以前から一度やってみましょうとお話ししていた、ツバルの植物「キエ」の葉を使ったゴザ編み(実際にはゴザまでは編みきれないので、小サイズのコースターか鍋敷き)を教えていただき、ご一緒に作ってみたいと思います。ツバルで撮り続けてきた写真の展示、ツバルの人と暮らしと生き方のお話も聞きながら、自分たちの暮らしや生き方も見つめ直してみたいです。

6月17日(土)〜6月25日(日)菅野今竹生(竹紙)、寶介(竹工芸)、濱口祐自(ギターライブ)  

竹とホタルと竹林パワー。竹をこよなく愛する実力派の3人が、それぞれのアプローチから竹の力を発揮、表現します。会期中は清滝川にホタルが乱舞する時期、展覧会とホタルを共にご覧いただけます。ライブは6月18日夜に開催予定です。

 

7月29日(土)〜8月2日(水)石原 友 写真展 「パチマリ!」

インドのデカン高原に古代より続く神聖な山がある。毎年大勢の老若男女が山頂目指して夜間登山しご来光を拝む祭りという。「それって、まるで愛宕の千日詣りみたい!」世界を旅する石原友さんが追いかけてきた「パチマリ」の写真展を、京都清滝で愛宕千日詣りの前後に開催することになりました。立体展示やトークも交え、コアで濃密な時間を創ります。会期中は破壊と創造のチャイ屋「Watte Chai」がやってきて、素焼きのカップでインドさながらのチャイを入れてくれます。31日はオールナイトの予定です。

9月28日(木)〜10月3日(火)sowナラサキシノブ・zuca桂野和美 布と革の手仕事展

アジアをめぐり、そこで出会った布を持ち帰り、着心地の良い綿を中心とした服をデザイン縫製するsowナラサキシノブさんと、女性ならではの柔らかい革づかいで、肩のこらないオシャレな革のカバンや革小物を作るzuca桂野和美さんが、布と革の手仕事を披露してくれます。会期中に幾つかのワークショップも予定しています。

11月14日(火)〜11月19日(日)小林斐子草木染織展〜2017初冬彩点〜

滋賀の自然から草木の色を見つけ、手染、手織りし、シルクやウールの着心地の良い服やストールに仕上げるベテラン作家、小林斐子さんの展覧会です。紅葉の清滝を楽しみながら、自然の恵みと手仕事の魅力を味わっていただこうと思います。

 

今年も濃密な催しをあれこれ企画中です。現時点での予定につき、多少の企画変更や増減もあり得ますので、詳細はテラのHPやお知らせでご確認下さいませ。

 

竹紙照明の合評会へ

京都精華大学プロダクトデザイン学科の小山格平先生の授業にて、竹紙を素材に使っていただき、学生さんたちが思い思いの竹紙照明を作るという課題が行われました。

今年初めの授業で、私が竹紙についてのレクチャーを行い、竹紙をお渡しして、大学で学生さんたちの制作が続いていましたが、27日が制作発表日のことで、私も合評会に参加してきました。

どんな部屋のどんな場所に置くか、から始まって、自由なイメージで、「竹紙を使う」という以外は思い思いにつくられた照明。

「たけのこ」「観葉植物」「かぐや姫のマンション」「シャンデリア風」「障子・行灯風」などなど、和洋も発想もいろいろで、もちろん完成度に差はあれど、アイデアの芽がそこここに感じられ、小山先生のツッコミも的確愉快で、私にとっても新鮮な楽しさのある合評会でありました。

  

    

私が一番面白いと思った(独断と偏見ですが)作品には、ささやかな「テラ賞」をお出ししました。

この作品です。

 

照明を考える時、大概は、光源をどう覆い隠そうかと考えることが多いですが、この作品は竹ヒゴを紙で挟んだべっこう飴状の竹紙を林立させ、それぞれが向きを変えられる作りになっていて、陰影にも変化があり、ちょっと角度の違う発想とその効果に「いいね!」と思ったのでありました。

最後にみなさんとご一緒に記念撮影。みなさんお疲れさまでした!

小山先生ありがとうございました!

CD発売されました!

昨年清滝テラで蛍ライブをしてくださった村田聡さんのライブ時のピアノ演奏が、CDリリースされました!
村田さんは、清滝奥にある空也の滝で滝行しながら作曲とピアノ演奏を続けているピアニストです。
今回のCD内容は、江崎満さんの展覧会にコラボして行われたテラでの蛍ライブそのものです。ライブは、あの時、あの会場で、あのメンバーだからこそ生まれた、偶然のようでありながら必然だったとも思われる即興演奏で、皆の心に深く残るものでありました。

ジャケットは江崎さんの作品、野の花漢字図です。
そんな音楽の誕生に立ち会えたことを、とても嬉しく思っています。下記に購入できるサイトも載っていますので、ご関心ある方は覗いてみてくださいね(テラ小林にお尋ね頂いてもOKですよ)。

初仕事

今年の初仕事、京都精華大学にて竹紙の講義。

竹紙のレクチャーをして、竹紙を渡し、学生たちはこれから照明の製作にかかります。月末には作品が出来上がるそうなので、また完成時には合評会に参加させてもらう予定です。


竹紙への思い、伝わったかな?

 


(ついでに家の中がきれいに片付いたので、ちょっと写真を撮ってみました)

2017年新年の初めに

あけましておめでとうございます。
年末は、大掃除、餅つき、おせち作り、除夜の鐘つきなど、恒例行事に追われまくってふうふう言っておりましたが、年が明けてみれば、穏やかな正月です。
95歳年女のおばあちゃんから23歳年女のニューフェイスまで、家族揃って手作りの白味噌雑煮とおせち料理をいただきました。
おせち料理も一旦作ってしまえば、3が日はあれこれ考えずそれを食べ続けていれば良いということで、案外便利にも思えます。
近くの北野天満宮に初詣に行った後は、3が日のんびり過ごします。

ここ数年恒例になった手作り白味噌も美味しく仕上がりました。

 

 

年末のお餅つきの時のこと、ハッとしたことがありました。縁側で搗いたお餅を丸めていたのですが、餅箱の重ねようが悪く、何個かの小餅がつぶれていたのです。「ああ、こんな置き方して、せっかくのお餅つぶれてるやん」とわたしがくどくど文句を言っていたところ、来ていた6歳の女の子がそれを見て、きっぱりこう言いました。「そんなんまた作ればいいだけのことやん」。
いやいや目が覚めました。はい、その通りです。「また作ればいいだけのこと」を、私は何をぐずぐず言っていたのでしょう。
失敗したらやり直せばいい。物事では10か0だけではない。5からでも1からでも、また積み重ねていけばいいのでした。

今年はもっと気持ちに余裕を持って、おおらかに日々を送っていくことにしましょう。「失敗したら0になる」のではなく「またやり直せばいいだけのことやん」と思いながら。


みなさま、今年もよろしくおつきあいのほどお願いいたします。

7日の昼食会ご報告

7日に行われたランチの会。写真は会が始まる前の準備の時間です。

ご飯と猪鍋を炊くおくどさんの湯気の向こうに見えるギャラリーと作家の鈴木勇子さん(上)、お料理を作ってくれたお山カフェの市川(村井)ユウコさん(下)。なかなか他では見られない光景でしょう!

 

そして、お料理はといえば、それは素晴らしい「地球からの贈りもの」でした!
自給農家であるお山カフェで採れたお米と畑から運ばれてきた野菜の数々。その大地の力強いエネルギーがユウコさんの手を通して私たちの食卓にしっかり届けられ、私たちはそのエネルギーをがっしり受け止めたーまさにそんな想いを居合わせた皆が抱いた料理であり、料理を超えた会となりました。
ああ、真剣に料理と向き合い、皆の話も聞き逃すまいと思っていたら、、、案の上、写真撮り忘れました、、、(残念、、でも胸の中には確かに残る料理でした。いやお腹の中にか?)。

鈴木勇子展始まります!

鈴木勇子さんと無事搬入を終えました。

なんだか、とても良い気の流れる会場です。

2階にも出し惜しみなくずらりと並んでいます。

搬入を終えて日が暮れて。

明かりが外にこぼれだす時間。

朧月を見ながら帰宅しました。

 

明日からどんな人とどんな時間を紡ぐことになるかなあと考えつつ。

師走です

今日からはや12月となりました。

11月は紅葉もあって慌ただしい日々でしたが、正月までの支度も少しずつ。

夏じゅうお世話になった網戸を洗って片付け、

干し柿と柿酢を作り、

お正月用の白味噌を仕込みました。

どれも時期を逃すとできないものなので、季節に追われるようにして、やるべきことをしています。

そして、これまた年末恒例の「竹紙干支はりこ」も出来上がってきています。

来年2017年は「酉」年です。これまで飾られてきた「申」も少し肩身が狭くなってきたようで、、、

はりこ購入ご希望の方は、西陣テラ、または清滝テラにて販売中です。ご遠方の方にはご送付もしています。

価格1500円+税=1620円 送料200円+ です。

鈴木勇子展~ぜんぶ地球の贈りもの~

12月6日(火)~12日(月) 12月の展覧会のご案内です。
鈴木勇子陶芸展 ~ぜんぶ地球の贈りもの~

京都京北在住の陶芸家・鈴木勇子さんの陶芸展を開催します。スウェーデンで陶芸を学び、日本に帰って活躍してきた勇子さんの、和にも洋にも溶け込む暮らしの器が並びます。

「陶芸は地球が材料です。地球がわたしを通じて変容し器になります。考えてみれば、陶芸だけでなく、わたしの暮らしも全部地球が提供してくれているモノ(者と物)を媒介にしたコミュニケーションで成り立っています。」
という彼女の言葉にはうなずかされます。なにせテラはラテン語で「地球、大地」を意味する言葉ですから、彼女の手を通じてやってくる「地球の贈りもの」がとても楽しみです。

画像をクリックすると拡大します

今回は京北に住むお仲間の賛助出演もあります。
12月7日(水)12:00~15:00
京北の自給農家・お山カフェ村井ユウコさんによる自然の恵みいっぱいの昼食と勇子さんのお話。参加費2000円
12月10日(土)13:00~15:00
きしもとタローさんの笛とブズーキ、熊澤洋子さんのバイオリンによる古今東西の伝承音楽演奏を、タローさんのトークと共にお楽しみください。そばにこだわるSOBACafeさらざんのそば粉を使ったスイーツと飲み物も会場にてお楽しみいただけます。参加費2500円

会期中作者の鈴木勇子さんとテラ小林は全日在廊予定です。
初冬の静けさを取り戻した清滝テラにて、薪ストーブを焚いてゆっくりじっくり皆様をお迎えしたいと思います。

小林斐子展始まりました

小林斐子展始まりました。
紅葉の見頃と相まって、賑やかです。

屋外も鮮やかですが、室内も負けず劣らず鮮やかです。

 

昔から知られた野生植物も染織材料となっていますが、身近な葛や桜、家庭の庭にも見られるハーブ類や花、畑の植物なども材料となっています。

 

そして、今回は、真綿引きのワークショップも開催中です。
小林さんが修行時代を過ごした郡上紬のやり方だそうですが、釘を打って広げた真綿から繊維をすくい取って、糸を紡いでいきます。


面白いのは、最後に糸をまとめるとき。予想外なものを使うこと。
ちょっと「ええっ?!」いう感じ。なぜ、これを使い、どう、これを使うのか?

 


う~ん、昔の人の知恵は面白いです。
ワークショップは会期中毎日実施していますので、興味ある方は是非やってみてください。