竹紙照明合評会

12月に京都精華大学プロダクトデザイン学科・小山格平先生の授業で学生さんたちに竹紙漉きの体験をしてもらったのですが、今日は制作した竹紙照明のプレゼンテーション・合評会の授業があり、参加させていただいてきました。

 

一人ひとりが、どんな場所でどんな目的で使用するのかコンセプトを明確にして、自分の作った竹紙照明をプレゼンテーションしていきます。

 

 

紙を漉くところからご一緒したので、竹紙の微妙な繊維の違いも感じて使い分けてくれていたりして、それぞれの工夫が感じられます。

制作した作品は最後に廊下に展示しましたが、薄暗い廊下が彩り、とても良い雰囲気になりました。

どれが一番、ということでは決してないのですが、独断と偏見で、毎年私がビビッと感じるところがあった作品1点に「テラ賞」を出しています。今年はこの作品を選ばせていただきました。

ブック型の竹紙が蛇腹のように円形に並び、可動式になって明暗陰影に変化がつけられる、というアイデア、工夫のしどころに1票入れました。

 

 

2019年の始まりに

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、私達が有限会社テラを設立したのは1998年の秋、実質的に竹紙の店とギャラリーを始めたのは1999年1月のことでした。はじめは寺町二条の京町家からスタートし、2010年に拠点を西陣と清滝の町家に移しました。テラとしての活動は一貫してきましたから、今年、テラは20周年の記念の年を迎えることになります。

たくさんの方に出会い、たくさんの方に支えられてここまで来ましたことを、心より感謝申し上げます。

今年はこの20年を振り返りこれからの日々を見つめる催しを、1年の間にあれこれ企画していきたいと思っております。今年全体の詳しい日程と内容は改めてお知らせいたしますが、まず、1月には、二つの催しを計画しています。

★1月6日(日)テラ漆部新年作品発表会

すでに昨日実施されましたので、ちょっとその様子をご紹介しましょう。

去年の8月末に昨年度の部活を終えた際に、少し時間をおいて乾かした後、それぞれが仕上げた漆器を使って料理会をしましょう!とみなで決めていました。
で、今日はめいめい漆器をイメージしながら料理を持ち寄り、久々の再会を喜びながら、楽しい会が実現したのでした。

紅白なますを利用したいなり寿司、具だくさんの白味噌雑煮、こんにゃく芋を土から掘り出し木灰の灰汁で固めたこんにゃくの刺し身、オニグルミの実を使ったほうれん草と人参のくるみあえ、

小鯛とノドグロの笹ずしの入った箱は、もとはお酒の入っていた木箱で、部員・向坂さんがこれに漆塗りを始めたときは、「なにに使えるのかなあ?」と思っていたのだけれど、こんなにピッタリの用途で再登場しました。

ブルーベリー入りのチーズケーキ(部員・ひろこさんの家の庭で収穫したもの)の載ったお皿は、もとは部員吉田さんのお母さんの木彫り、長年放置されていたそうで、塗りだしたときは鏡か花台しか思いつかなかったけれど、仕上がってみたら、なかなか素敵なお皿の役割にも。

その他、器やカップ、お盆焼きから手彫したスプーンやフォークなどいろいろ、、、

手をかけ時間をかけて仕上げた作品は、数ヶ月を経てみると、塗り終えたときとは少し色合いも澄んで変化してきているようです。よそゆきではなく暮らしに使えるものを、と目指した作品ですから、いちばんふさわしい形で発表できたなあと思えて、嬉しい素敵な会になりました。

 

 

竹紙の授業

今日は毎年恒例となりつつある京都精華大学の竹紙授業の日。

西陣テラに学生さんたちと先生も来られて、ご一緒に紙漉き体験をしました。


寒い中、屋外で水に手を突っ込んでの作業は、ちょっと気の毒だったけれど、やっぱり途中段階も知ってほしいから、料理実習のように途中段階の材料を用意し、少しずつ工程作業を体験していただきました。

その後は、軒先に吊るした干し柿をお茶請けにしつつ、竹紙の特徴や歴史の説明をあれこれと。

学生さんたちは、今日漉いた竹紙を使って、これから1月にかけて、照明器具を制作します。1月末には出来上がった作品の作品発表合評会にも参加させて頂く予定です。

干支張り子できあがりました!

あと2日で師走です。来年ももうすぐそこまで近づいてきました。

この時期になると、テラではこれが登場します。

毎年恒例で制作している竹紙干支張り子です。

来年の干支は「亥」イノシシですね。来年はテラ20周年の記念すべき年でもありますので、張り子用の竹紙は、私小林亜里が竹切りからして漬け込み、煮て、潰して作った材料を、1枚ずつ手漉きしました。そして、陶芸家の向坂典子さんにバトンタッチし、向坂さんが陶器で型から作り、下張りと化粧梁の竹紙を貼り、顔や模様を手描きして、張り子に仕上げてくれています。

「真っ直ぐに進め!」 ってかんじかな?

竹紙干支張り子、今は西陣テラに在庫がありますし、これからも紙→張り子へと制作が進んでいます。お求めの方は西陣テラにお越しいただくか、ご送付もいたしますので、まずはお電話かFAX、メールにてお申込みください。1匹1500円+税=1620円、ご送付の場合は送料200円を頂戴いたします。どうぞ皆さんお声掛けくださいね!

 

 

 

展覧会終了しました。

小林斐子草木染染織展、好評のうちに終了しました。

原始機のワークショップも、3回とも無事終了、皆さん半日はたっぷりかかりましたが、帰るまでにはそれぞれのミニストールを完成させて、持ち帰ることができました。

今年は紅葉の始まりは早かったようでしたが、好天が続いたせいか、紅葉は長持ちして、会期が終わるまで十分に楽しむことができました。

原始機ワークショップ

昨日は1回目の原始機ワークショップでした。

シルクの手紡ぎ糸を手で織っていく作業なので、なかなかに時間がかかります。

皆さん、お昼を挟んで数時間の奮闘でしたが、それぞれ自分自分のミニストールを完成させて、持ち帰られるところまで行き、完成と相成りました。

お疲れ様でした!

 

始まりました!

展覧会始まりました!

藍、茜、よもぎ、ウワミズザクラ、葛、クリ、くるみ、コブナグサ、様々な植物から取り出した染め色と織りが会場に色とりどりに並んでいます。

会場の外は、紅葉の時。清滝道を北上し、化野念仏寺から鳥居本周辺が、今見ごろです。鳥居本の平野屋さん、つたやさん周辺の紅葉は、いつも本当にきれいで、車中から真紅、赤、黄、緑と色とりどりの紅葉を眺めてうっとりしています。

車中からで、写真はいまいちですが、このカーブを曲がったあたりの左下の景色が、私のお気に入りポイントです。バスや車から清滝に来るときは必ず通る道ですから、どうぞお見逃しなくご覧くださいね!

明日から小林斐子草木染織展始まります。

さて、明日からいよいよ小林斐子さんの草木染織展です。搬入も無事終わりました。会場写真は明日のお楽しみに取っておこうと思いますが、DMチラシに使った写真の織物が、もうコートに仕立てられて飾られていました。


私は、写真だけをみてチラシを作らせていただいたのですが、実物のほうが、もう少しグリーンが強く感じられ、彩りが美しかったです。
ちょっと見比べてみてくださいね。


会場には紅白の山茶花が咲き乱れています。会場の外は、化野念仏寺、鳥居本から清滝にかけて、ちょうどいま!紅葉が見頃で美しいです!

紅葉しています

清滝も紅葉見頃になってきました。街中や嵐山は、まだもう少しですが、このところの好天に恵まれて、山手や谷あいは、きれいな赤が輝いています。

11月の展覧会「2018初冬彩点 小林斐子草木染織展」 

11月20日(火)〜25日(日)清滝テラにて「2018初冬彩点 小林斐子草木染織展」開催します。

毎年秋の紅葉の時期に展覧会を開催していますが、会場内には野の草花がいっぱいです。
ド〜ンと真ん中に大きく活けられた枝や葉や実は、染料にもなる植物たち。そして、壁には、それらを使って染められたブラウスやパンツ、ワンピース、ストールなどが並びます。糸をいろいろな色に草木染めして、織り上げた作品もたくさんあります。

 昨年の展覧会より

今年のワークショップは「原始機でミニストールを織りましょう!」

 

原始機はごく原始的な手作りの機で、ひもを腰に回して張って、手で糸を織っていきます。会場内には小林さんが草木染めしたいろいろな色の糸を用意してありますから、好きな組み合わせで模様を入れて、ストールを織ることが出来ます。

参加費は3000円、1日4人までで、所要時間は2〜3時間必要ですので、ゆったり腰を落ち着けてご参加ください。お電話、メール、FAXにてご予約お待ちしています!