月別アーカイブ: 2019年3月

展覧会進行中です

展覧会も半ばを迎えました。
会場にて展示作品をご覧いただくのはもちろんのことですが、暮らしまるごと(作ることぜ〜んぶ)楽しむ向坂ライフを、来場者も主催者も一緒になってお相伴させていただいているような日々です。

ひな祭りの洋茶会の日は、小雨模様で河原にはいけなかったのですが、その分室内で目一杯いろいろなことを楽しむことになりました。コーヒーは自家焙煎、紅茶も茶葉からの手作り、ポットを温める道具も空き缶から手作りしたアルコールランプです。お茶菓子はりんごとカスタードクリームを入れた手作りアップルパイを薪ストーブで焼いていただきました。


この日は午前中からカード作りも行われ、お昼は薪ストーブピザを頬張り、そして午後のお茶会へ突入。会場にいながらアウトドア感満載、手作り感満載の賑やかな1日となりました。

カード作りも、日時限らず来られる方のご希望で随時自由に行われていて、リクエストに応じて型紙もその場で向坂さんがつくってくれるので、その種類も日に日に増えていっています。

陶芸に柿渋染に張り子に絵、料理もベーコンから生ハムまで手作りで、お茶もコーヒーも手作り、と多彩極める向坂さんですが、「これを自分の手で作ってみよう」「どうしたら作れるのかな}と考え、手元にある材料や道具を工夫してやってみる、その姿勢はブレることはなく、それってものづくりをする人にはいちばん大切なことなんだろうな、その楽しさを知っているからこそ、こうしてものが作り続けられるんだろうなあ、とあらためて感じています。

会期後半にもカード作り、金継ぎ、はりこづくりなど行われる予定です。ご希望あればお声掛けくださいね!
もちろん展示の方もお楽しみください!

向坂典子展始まりました

早春の気配漂う清滝で、3月2日より展覧会が始まりました。

使いやすい大皿小皿、遊び心あふれるちょっと面白い形の小皿など、変化に飛んだ器が並んでいます。野花のお皿は春、秋、草花、木など、色々なシリーズがありますよ。お皿の中で花を探しているだけでも楽しい気分です。

向坂さんの大事な耳の長い相棒(多くの作品のモデルでもあります)も、時々会場を走り回っています。

二階には百花の小鉢が勢揃い。もうとうに100種類を超えて、さらに種類を増やしています。まさに百花繚乱?ですね。

柿渋染めは今年は金魚がたくさん並びました。タペストリーとしても素敵ですが、向坂さんは、この布を使ってシャツも手作りしていて、こちらもなかなか着心地良さそうですよ。

竹紙と野の花はいつもとてもお似合いです。これは手描きですが、型染めもあり、会場でもカード作りのワークショップを楽しんでいただけますよ。

さて、明日3月3日は清滝川にて要茶会を予定。お天気はどうかなあ?ちょっと寒そうだけれど、行きと帰りは薪ストーブでうんと暖まろうっと。