作成者別アーカイブ: chikushi

2022年のはじまりに

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
皆様にとって、この一年が心豊かな幸多き年となりますように。
どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます!

さて、今年のテラの年間予定をお知らせいたします。

2022年テラ年間予定
1〜2月は、清滝テラはお休み、西陣テラ(竹紙竹筆専門店)のみ営業します(打ち合わせその他外出する場合もありますので、お越しの前にはご予約ご一報お願いします)。

3月5日(土)・3月8日(火) 13:30〜15:00 西陣テラにて
竹紙づくりワークショップ開催
「町家の日」(町家の日実行委員会主催)のイベントとして、西陣テラにて竹紙のレクチャー&手漉き竹紙の体験講習を行います。我が家の和室が店でもありますから、いろいろな竹紙をご覧いただきながらレクチャーをいたします。竹紙作り体験は庭先にて、手漉き前の長い工程もじっくりご覧いただきましょう。参加費お一人2000円、各日10名程度まで(漉いた竹紙3枚持ち帰りまたは後日送付、茶菓付、小学生までのお子さんと保護者で竹紙が一人分で良い場合は一人分参加費で可)*事前予約必要 ご予約承ります
詳細 https://machiyanohi.jp/ek2022/

3月13日(日) 10:00~13:00  清滝テラにて
竹紙づくりワークショップ開催
「小倉山再生プロジェクト」(景勝・小倉山を守る会)の主催により、竹紙作りのレクチャーとワークショップを行います。終了後には、地元嵯峨野産の古今嵯峨米を使い、テラのおくどさんでご飯を炊いて、昼食もお召し上がりいただきます。参加費お一人2000円(小倉山を守る会会員は1500円)、20名まで(漉いた竹紙3枚お持ち帰りまたは後日送付、昼食代込、小学生までのお子さんと保護者で竹紙が一人分で良い場合は一人分参加費+食費ひとり500円)*事前予約必要 ご予約承ります
詳細 http://hitomori.sakura.ne.jp/schedule.html#竹紙

3月19日(土)〜3月27日(日) 11:00~17:00  清滝テラにて
向坂典子作品展 〜食いしん坊のための料理が美味しくなる器展〜
若狭の地で、土をこねて器に焼き、柿渋染を行い、燻製や発酵食を作り、ともかく一からの十までのものづくりを楽しむ向坂典子さん。その好奇心旺盛さ、器用さ、食いしん坊さゆえ、「おいしく食べる工夫」にも余念がありません。テラでも、ピザ皿、薪ストーブ用グラタン皿、大中小皿、蓋つき小鉢、ピッチャー、茶器、カトラリーなど、いろいろ作ってもらってきました。さて、今年はどんな作品を出展していただけるでしょうか? 〜食いしん坊のための料理が美味しくなる器〜とテーマを書きましたが、器だけでなく、食まわりのあれこれの工夫も楽しめるよう考えていただきます。

4月16日(土)〜4月24日(日)山岸厚夫漆作品展 ~発酵食堂カモシカとのコラボレーションも!〜
越前漆の産地で伝統的漆器制作を代々の家業としつつ、漆に熱い情熱を注ぎ自在に操る山岸厚夫さん。「扱いが難しいのでは?」と思われがちな漆器を、まるで「着古したジーンズのように」使えるものにしようと、独自の手法で制作を重ねてこられました。暮らしの中で長く使える漆器、自由な発想の漆作品、竹紙と漆の結合にも挑戦していただきます。
そして今回は、嵐山で発酵をテーマにした食の店を営む「発酵食堂カモシカ」さんとコラボレーションします!カモシカ食堂では、オープン当初から山岸さんの漆器を定食などの料理に使いつづけているのです。4月16日(土)初日には、カモシカさんで山岸さんの漆器でランチを食べて、店主関恵さんに漆と食のミニ解説もしていただいてから、清滝テラへ移動し、山岸さんのギャラリートークとともに会場を見て回るという贅沢なミニツアーも行います(参加費2000円 事前予約必要)。4月20日から数日間は、テラ会場にて、山岸さんの合鹿椀でカモシカ食堂のへしこ茶漬けが食べられる予定もありますよ(有料、売り切れ時終了)。どうぞお申し込みください!

5月7日(土)〜5月15日(日) 江崎満版画と陶の作品展
能登半島の山中で、版画と陶を作り、カヤックを操り魚を釣って「生きるを楽しむ」江崎満さんが、新緑の清滝にやってきます。
さて、今年はどんな作品を見せていただけるでしょうか。みなさんと何をしてどんな風に遊び、語らいましょうか?江崎さんが来るというだけで、なんだかエネルギーも免疫力も上がりそうな気がします。
5月7日(土)と8日(日)には、江崎さんの友人で、綾部のこだわりそば職人、あじき堂さんにお越しいただき、出張そばをしてもらいます。蕎麦本来の美味しさを味わうシンプルなもりそばを中心に、蕎麦団子や綾部の食産品なども少し持ってきていただけるかと思います。こちらもご予約制となりますので、どうぞお申し込みくださ〜い!

6月4日(土)〜6月12日(日) かつみゆきお 木の仕事展
静岡のベテラン家具職人、御年82歳のかつみゆきおさんが、今年も木の仕事を携えてきてくださる予定です。お元気に新作の椅子や大きなベンチにも挑戦されておいでです。どこまでGo!と申し上げて良いものか悩みますが、その時々で判断しながら、できることを楽しくやっていただければと思っています。是非かつみさんとかつみさんの木の仕事に会いにおいでください。

7月2日(土)〜7月10日(日)頃 デボラと寛太郎の七夕展(和紙と友禅)
亀岡在住のデボラ・スタウトさんは和紙の作家です。コウゾから和紙を作り、さまざまな空間、平面作品を作っています。寛太郎さんは友禅作家として活躍され、デボラさんの良きパートナーでもありましたが、2019年に惜しくも逝去されました。デボラさんの手元にのこされた多くの作品を拝見しながら、七夕の日に、お二人の作品を同じ空間に飾ってみたいと思いました。織姫と彦星が年に一度会うことができるように。
七夕は笹の葉に願い事を書く日でもありますから、デボラさんの和紙を使い、いくつかの紙のワークショップもしてみたいと考えています。デボラさんと交流ある友人達にも協力してもらう予定です。

7月〜8月 テラ漆部 部活予定
テラ恒例、漆部部活動をこの時期に予定しています。木地作りから挑戦している北山杉の曲げわっぱの拭き漆が間に合うかどうか、、、?

8月22日(月)〜8月28日(日) 内山貞和・藤井勘圿 作品展
倉敷にて古民家を再生されたギャラリー「サロン・ド・ヴァンホー」を営みつつ、木や石や動植物の実や骨をつかった個性的な彫刻やアクセサリーを作る造形作家、内山貞和さん。京都嵐山の日本猿を描き続けて30年余、独特の画風で猿や野菜や花などを描く日本画家、藤井勘圿さん。それぞれに他にはない強い個性を放つベテラン作家お二人の作品を、合わせてご覧いただけるという、ちょっとめったにない機会に恵まれることになりました。
どちらも出会いの始まりは古いのですが、巡り巡って、ここに来て再びご一緒に展覧会をすることができる運びとなり、嬉しい限りです。夏の終わりの京都清滝でどんな展開がありますか(きっと個性的な展覧会となるだろうなあ)、とても楽しみです。

11月15日(火)〜11月20日(日) 小林斐子草木染織展〜2022初冬彩点〜
滋賀県安曇川にて自然から色を取り出し、糸を染め、手織りし、服に仕立てて、コートやジャケットなどを作る小林斐子さん。展示とともに、毎年、草木染めや原始端などのワークショップもしています。今年は順番から行くと、草木染めになるかな?身近な染色植物を教えていただくのも楽しみです。

*今のところ決まっている展覧会を掲載しています。多少の変更もあるかもしれませんし、これから増えていく企画もあるかと思います。「こんなことやりたい!」「こんなことをやって!」という自薦他薦もお待ちしています。

今日の京都は雪景色です。写真は西陣テラの景色です。

今年も年初めからコロナウイルスに翻弄される日々ですが、いつも「今何が一番大切なことなのか」という本筋を忘れないようにしながら、その時々ですべき判断をしていきたいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いします。  テラ 小林亜里

11月のこと

バタバタと目の前のことに追われているうちに、11月も飛ぶように過ぎてゆきました。

比較的穏やかな小春日和の中で、小林斐子さんの草木染織展が行われました。

真ん中にはどど〜んと安曇川の草花が活けられて、さまざまな草木で染められた織りのコートやジャケット、染めのワンピースやTシャツなどが並びました。

清滝川沿いの紅葉も、最初は柔らかなオレンジ色でしたが、好天続きの中、次第次第に赤く染まっていきました。

2日間行われた真綿紡ぎと原始機の講習会も、みなさん真剣に取り組みました。
蚕の糸を少しずつ引き出しながら糸にしていく作業は、気の遠くなるような時間と手間に思えます。こうして糸が出来上がり、それを草木染めし、さらに手で織り、ようやく紬の反物になるわけですね。

さて、クイズです。この大豆、何の意味があるかわかりますか?
真綿糸を紡いでいくとき、少しふやけたこの大豆がちょうどいい絹糸の重しの役目をしてくれるのだそうです。何で桶に大豆が入っているのか、不思議だったんですけれど、昔の人の知恵ってすごいですよね!

 

そうそう、会期中には月蝕もありました。

ちょうど良い満月の夜で、ちょうど欠けていく時間帯に外にいて、不思議な満ち欠けの過程を眺めることができました。

日に日に色づきを増していく紅葉を見ながら、会期が終了すると、木枯らしが吹いて、急に季節が秋から冬へと変わってゆきました。

さあ、11月が終わると、はや師走です。1年、早かったなあ。

2022年の竹紙干支はりこ

少しずつ寒さが進み、紅葉の季節も近づいてきました。
毎年恒例の竹紙干支はりこ、制作が進んでいます。
来年は令和4年、干支は「寅」です。

制作はおなじみ向坂典子さん。
11月半ばごろには数が出来上がってくると思いますので、11月16日〜21日の小林斐子染織展か、それ以後は西陣テラにて販売しております。
ご遠方の方にはご送付もいたしますので、ぜひお声掛けください。
価格は毎年変わらず1500円+消費税=1650円 (送料は200円〜)

11月の展覧会 小林斐子草木染織展

暑かった日々から急に季節が変わり、扇風機をしまうと同時にストーブを出してしまいました。
10月の展覧会も終わり、11月の清滝テラの催しをご案内します。

2021初冬採点 小林斐子草木染織展

自然から取り出した色で染め、手織りし、着心地の良い服に仕立てています。コートやジャケット、パンツ、Tシャツなどのほか、ストールや小物もありますよ。

今回は11月19日、20日に、原始機で絹のミニストールを作る講習
または、真綿紡ぎ(伝統的手法で絹糸を紡ぐ)講習
も開催します。各3名ずつ 参加費3000円 要予約
お気軽にお申し込みください。

会期中、展示はどなたもご自由にご覧いただけます。

清滝周辺の紅葉も見頃の時期と思いますので、会場の中でも外でも秋を満喫してくださいね。

似顔絵描きも始まりました

塚本猪一郎さんにやや遅れて、大歯雄司さんも到着し、10日からは似顔絵描きも始まりました。

これはディジュリドゥ奏者の古川英正さんと大歯さん。
描いている様子を見に行こうとしたら、あっという間に出来上がっていました。

基本的に会期中やっていますのでお試しあれ(ただし、大歯さんがどこかへふらりと出かけない時は、ですが)。この日時に是非、という場合はご予約くださいね。

 

塚本さんは11〜13日不在で、14、15日在廊予定です。

明日から展覧会はじまります!

塚本猪一郎さんが佐賀から京都に到着されて、搬入設営作業を無事終了いたしました。
先週までとはガラリと雰囲気が変わって、「ほんとに同じ空間なの?」と言いたくなる、「変身!」の清滝ギャラリーテラです。

塚本さん(写真右)の高校時代からのご友人、有田武史さん(左)も佐賀からご一緒に来られて、設営をお手伝いいただきました。ニューヨークに40年近く在住されて、版画工房のお仕事をされていらした方だそうです。

明日の昼には大歯雄司さんも到着予定です。
何が始まるのか、なんだかワクワクする新たな展覧会の始まりです。

塚本さんの作品は、強いて言えば、抽象画、っていうことになるのかもしれないけれど、見ていると、絵からストレートな感情が弓矢が放たれるみたいに伝わってきて、胸がキュッとなる絵だと思うなあ。

絵とタイトルの関係も面白いんです。その言葉にも惹かれます。

塚本猪一郎作品展 + 大歯雄司似顔絵描きます!
会期 10月9日〜17日
会場 清滝ギャラリーテラ(京都市右京区嵯峨清滝町11−2)
初日午後2時前後には、会場内にて、塚本さん、大歯さん、それぞれのご紹介を兼ねて、15分〜20分くらいのギャラリートークを予定しています。
10/14(木)午後3時よりは、塚本さん、大歯さんに、テラ小林正も加わって、会場内でシネマトークも予定しています。作品に囲まれて、映像をめぐる話題を中心に、こちらは少しゆるゆると、ご一緒の時間を楽しみたいと思います。
どちらも無料ですので、お時間許す方はぜひどうぞ!

塚本猪一郎作品展+大歯雄司似顔絵描きます

10月9日(土)から17日(日)まで開催される
塚本猪一郎作品展+大歯雄司似顔絵描きます
の会期が近づいてきました。

初日の10月9日(土)午後2時頃から、塚本さん、大歯さんによる各15~20分くらいのギャラリートークを予定しています。あまり長すぎない形で、作品鑑賞への誘いになるようなご紹介を、と考えていますので、どうぞ会場にてお気軽にお立ち合いください。

塚本さんは、10/9(土)、10/10(日)、10/14(木)、10/15(金)の4日間、在廊予定です。

 

大歯さんは、10/9午後から最終日まで在京予定です。会場にいるときには、予約なしでも、似顔絵描き(10〜15分でスケッチして彩色による似顔絵色紙を仕上げます。500円)を承りますが、どこかへ出かける日もないとは限りませんので、この日に似顔絵を、と希望される方は、メッセージやお電話などであらかじめご予約いただければ確実です。
写真からの似顔絵も可能ですよ。お孫さんやおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントなんていかがですか?

 

10月14日(木)午後3時からは、テラ小林正と塚本さん、大歯さんの3名で、シネマトークを予定しています。小林がこれまでに撮ってきた映像をチラリとお見せしたり、大歯さんが代表を務める古湯映画祭の話、それぞれが好きな映画の話、そして、小林とっておきの、あの映画監督ゆかりのエピソードなどご披露したいと思っています。お楽しみに。

「しぜんをかたちに」展終了

「しぜんをかたちに」展終了しました。
会期後半は快晴に恵まれ、昼間はミンミンゼミが鳴き、夜には鹿の鳴き声が響く夏のような秋のような清滝です。

村田啓子さんは、最終日、早朝から愛宕山に登られ、昼には下山してこられました。足もガクガクしていなくて、「まだ大丈夫そうだわ」とのこと。さすが甲府出身で南北アルプスを見ながら育った山女です。10月4日、元気に能登への帰路に向かわれました。よろみでは畑と稲刈りが待っているそうです。

石畑美津子さん、音座マリカさんとのコラボレーションも楽しい展覧会でした。
石畑さんのブローチにキノコがあるかと思えば、音座マリカさんの絵にもキノコの群落が描かれ、マリカさんのアケボノソウの絵を見ていたら、清滝川でもアケボノソウが咲いていて、色々シンクロしているように思えました。

最終日近くになって、毎日見ていた2階の窓から、カラスウリの縞模様の実を見つけました。

「しぜんのかたち」をいろいろな表現で楽しんだ会期でした。

「しぜんをかたちに」展、後半です

10月に入りました。朝晩は少し寒さも感じる清滝です。
「しぜんをかたちに」展も終盤に差し掛かり、会期もあと2日となりました。

懐かしい方、いつもありがとうの方、初めましての方、いろいろな方が来てくださり、作家や作品との出会いを楽しんでいただいています。

石畑さんの作品は古布とアンティークビーズやボタン、ジュエリーなどを使う華やかなものです。海の生き物が多く描かれていて、ウニや貝、クラゲなど、ちょっと意外な、でも海の中の造形の豊かさを感じさせてくれる作品です。

音座マリカさんの野花の絵も植物の造形の豊かさを堪能させてくれる作品です。そして、植物なのに、どこか踊っているような動きを感じさせてくれるのも、茉莉花さんの野草画の特徴かと思います。

これはアケボノソウという植物です。白い花びらの中に緑の斑点がある、ちょっと変わった花です。マリカさんの絵で楽しんでいたところ、ちょうど清滝川の河原で、この花が咲いているのを見つけました。嬉しい出会いでした。

これは村田啓子さんののれん。左の作品は、啓子さんが住むよろみ村龍昌寺の敷地内から見る夜の景色を彷彿とさせます。暗いシルエットの山並み、霞む空、広がる満天の星。藍1色でこれを表現できるっていうのもすごいなあと思います。

これは柿渋のワンピース。一見なんでもない縞模様ですが、これ、一本ずつのラインを全て、筆でフリーハンドで書いているのです。定規の直線とは異なる柔らかさがあり、また、柿渋は描いたすぐにははっきりした色は出ないので、このラインを描くの、実はすごく難しい技なんです。そう知ると、すごく貴重な作品に思えます。

そんなことを聞いたり話したり見たり出会ったりしている間に、会期もあと2日となりました。
さあ、今日はどんな日になるでしょうか。

 

「しぜんをかたちに」明日から

ぶじ搬入を終えました。

染色、アクセサリー、絵画と、3人の作家がそれぞれ異なるジャンルの作品をつくっているのだけれど、不思議と違和感なく、一つの空間に溶け合って仕上がったように思えます。

3人が旧知の仲ということもあるけれど(でもよく会っているというわけではない)、やはり「しぜんをかたちに」という共通項があり、もともとそのテーマに近い感覚の持ち主、というのもあるのではないかと思います。

少しずつシンクロする3人の「しぜんをかたちに」、どうぞお楽しみください。9月25日(土)〜10月3日(日)までです。