本日最終日

「津田昭子染織作品展」はやくも本日最終日です。

連日多くのお客様がお越しでした。
懐かしい方、初めましての方、ご近所の方、お話ししているうちに、思わぬつながりが見えたり、共通のお知り合いがいたりするのは、京都あるあるです。
それも津田さんの日頃のおつきあいの広さや、おひとりおひとりと丁寧にお付き合いしていらっしゃることから生まれることなのでしょう。

中頃には、志村ふくみさん、志村洋子さんが創設された染織の学校「アルスシムラ」と工房「アトリエシムラ」の方々も、14人できてくださいました。

これから染織を学んでいこうとする若い方々も多く、皆さん熱心に間近に寄って、津田さんの織を細かくみておいででした。
津田さんも、ご自分が辿ってきた40年の日々を思い起こしながら、みなさんを温かく励ましていらっしゃいました。

志村洋子さん、津田昭子さんとともに。

 

昨日は会場に小さなバイオリニストも来てくださいました。
「着物の展示の前で演奏してみたい」とおっしゃる8歳のお嬢さんです。

バッハなどクラシック4曲を堂々と演奏して、最後はアンコール曲の「ふるさと」なども演奏してくださいましたよ。
将来が楽しみです。

さて、今日は最終日。どんな出会いが待っていることでしょう。

植物から糸を染めて織る

「手織り」というと、機に向かって静かに織物をする印象があるかもしれませんが、植物染は実は体力のいる仕事です。

まず、作業は、染料となる植物を探し求めるところから始まります。
津田さんも、師である志村ふくみさんやその門下の方々とともに、嵯峨野や愛宕山周辺のフィールドを歩き、山に登り、自然に学ぶことから多くを得て来られたそうです。
もちろん染料となる植物をいただくこともありますが、それだけではなく、足で歩き、目で植物や自然や風景を見ることで、多くのイマジネーションを膨らませ、作品のモチーフをいただいてきたのだそうです。

さまざまな植物から糸を染め、それぞれの思う色を染め上げ、糸を作り、整経して、初めて旗を折ることができます。

植物から着物までの長い工程を辿りながら、着物を見ていくと、抱く感想も変わってくるような気がします。

今日から津田昭子展

いよいよ今日から始まります!
津田昭子染織作品展〜嵯峨の自然と共に〜
準備はできました(はず)。あとはみなさんにご覧いただくばかり。

2階の和室も、いつもとは少し異なる改まった面持ちです。

1階にも衣桁に着物が並びました。

春から初夏へ。嵯峨野から愛宕周辺の自然を、会場の中でも外でもご堪能くださいね。
さまざまな緑が輝いています。

会期は5月11日(土)〜19日(日)までです。

5月の展覧会 津田昭子染織作品展

新緑の美しい季節になり、清滝は色とりどりの緑が輝いています。

5月の展覧会は、津田昭子染織作品展〜嵯峨の自然とともに〜
2024年5月11日(土)〜5月19日(日)
嵯峨鳥居本在住の染織家、津田昭子さんの展覧会です。

人間国宝の染織家、志村ふくみさんに師事し、日本工芸会で学ばれて40年 余りになります。嵯峨や愛宕山周辺にご縁が深く、嵯峨野周辺の野山を歩き、 自然から学び、自然からいただきながら、作品を創ってこられたとのことです。
そのフィールドの一角にある清滝の地で、喜寿の記念展をしていただくことに なりました。
これまで植物から糸を染め手織りしてこられた作品を、初期のものから近作 までご覧いただく予定です。帛紗や仕覆、信玄袋などの小品もあわせて展示 いたします。どうぞごゆっくりお出かけください。

山岸厚夫展始まりました。

2日ほど前、90センチ正方くらいの大きな段ボール箱が9箱送られてきて、展示品の多さと、そこに渦巻く山岸エネルギーの大きさに圧倒されました。

漆器の多さのみならず、和紙に漆を施した作品も大小100枚余り?!

ど、ど、どうしたものか!?
たくさんの作品を見せていただける嬉しさはもちろんのこと、そのエネルギーに圧倒され、立ちすくむ私でしたが、なんとかかんとか、展示初日に漕ぎ着けることができました。

そして今日2日目。嵯峨嵐山で「発酵食堂カモシカ」を営む代表の関さんご夫妻が、会場に足を運んでくださいました。

関さんはカモシカの食堂をオープンする時、「発酵」にこだわり、食だけでなく、器にも発酵を求めて、漆器を使おうと思われたそうです。
その時、思い浮かんだのが、以前から自分のために買い求めて使っていた山岸さんの漆器。
それから、山岸さんの工房を訪ね、お話を重ねて、食堂で使われる漆器を作ってもらい、定食などで使われることにされたのだそうです。


それから10年。発酵食堂はこの5月に10周年を迎えます。
カモシカさんで使われている山岸さんの漆器も10年を迎えています。

4月20日(土)には、発酵食堂カモシカで、その山岸さんの漆器を使った発酵定食をいただき、関さんからも少し漆と発酵のお話を聞き、その後、場所を清滝へ移動して、山岸さんと共に、作品を見ていただくというスペシャルコラボツアーを予定しています。
自分のやりたいと思ったことを、努力しながらまっすぐに前進し、実現に向かうお二人に会って、お話を聞いたなら、きっとちょっと元気出るよ、と思う私です。

参加費2000円です。(発酵定食、ドリンク、往路タクシー代、積算、山岸さんのお話、ギャラリー見学含む)

まだ定員に若干名余裕がありますので、ぜひ、テラまでお電話でもメッセージでもくださいますよう、お声かけお待ちしています!!

 

 

4月の催しは「山岸厚夫作品展」〜着古したジーンズのように漆を!〜

4月の展覧会をご案内します。
「山岸厚夫作品展」〜着古したジーンズのように漆を!〜
4月13日(土)〜4月21日(日)の開催です(会期中無休、展示は入場自由)

越前漆の伝統的産地に生まれ、10代から家業の漆器業を受け継ぎながら、漆本来の持つ力と未来の姿を見つめ、独自の制作に挑み続ける「山岸厚夫さん」の漆の作品展です。


昔、山岸さんが各地の展覧会場で漆器を展示していると、作品自体のことよりも、漆器の扱い方や手入れ方法にばかり質問が来たといいます。「そんなに扱い方がむずかしいと思うなら、最初から着古したジーンズのようにラフな仕上げしておけば、気楽に漆を使ってもらえるのでは?」と思い、編み出したという独自の漆器は、まず木地にたっぷりの漆を染み込ませて堅牢さを確保してから、あえて最後の仕上げはラフにすること。

伝統の技をしっかり受け継ぎつつも、そこにずっと固執せず、思い切り良くエイヤッ!と飛び出せる大胆さ。前向きな明るさ、エネルギーは、漆器を手にする人を元気にしてくれるように感じます。自分達の暮らしの中にも、そんな心意気を取り込めたら、なんだか日々を元気に過ごせそうな気がします。

数年前に脳出血に倒れられて、右半身がご不自由になられましたが、その前向きさと情熱は、衰えることなく、左手を使って制作に挑み続けておいでです。

会期中のイベント①
4/13 4/14 4/15「山岸さんとティータイム」午後2時頃〜
4月13日〜15日は、山岸さんご夫妻が在廊されています。
午後2時ごろからは、「山岸さんとティータイム」を予定。
詳しくは決めていませんが、山岸さんの漆器を何かしら使って、ご一緒にお茶の時間を設けたいと思います。
漆器の手触りや口触りを味わいつつ、山岸さんからお話もちょこっと聞けたらいいなあと思っています。
予約制にしていませんので、どうぞ気楽にご参加ください。

会期中のイベント②
4/20(土)カモシカランチとギャラリーツアー
JR嵯峨嵐山駅北口にある発酵を専門とした人気店、「発酵食堂カモシカ」で、山岸さんの漆器を使った発酵定食をいただき、その後、清滝テラに移動して、山岸さんのご案内で作品を見て回ります。
「発酵食堂カモシカ」では、オープン当初から、山岸さんの器を定食屋丼者に使っています。「なぜ漆器なのか」「発酵と漆器って?」など、代表の関さんからのお話も少し伺いましょう。

12時発酵食堂カモシカ集合。15時清滝ギャラリーテラにて解散。
参加費2000円(昼食代、ドリンク、往路タクシー代、関さん山岸さんのお話含む)
事前予約必要 10名程度
*ただいまご予約受付中です!どうぞテラまでメールでもお電話でもお声かけください!

 

自然の中で

雨が心配された1日でしたが、無事、清滝川のほとりで、早春の空気を思い切り吸い込みながら、茶会をすることができました。

お茶菓子は何にしようかなあと思っていましたが、向坂さんが「作りましょうよ」と言ってくれて、やっぱりなんでも一から作る向坂典子さんの個展だから、そやな、作るのが一番ふさわしいなと思い、いちご大福を作ることにしました。

手亡豆を煮て白餡を作るところから始め、求肥を作り、イチゴをくるんで、
はい、できました!

参加者の方には、お抹茶茶碗と柿渋のあずま袋を銘々選んでいただき、水の音や鳥の声を聞きアガら、気分はピクニック?
「野点」というのも、元は昔の人のそんなお楽しみの気分だったのでしょう。
形にはこだわらず、心は「茶の心」でまいりましょう。

いろいろなところからバラバラに集ってくださった方々も、いつの間にか打ち解けて、和やかに会は終了となりました。
やっぱり自然の中でいただくお茶とお菓子は美味しいな!
桜にはちょっと早かったですが、気持ち良い1日でした。

向坂典子展始まりました!

3月23日(土)〜3月31日(日)まで、向坂典子展始まりました。 

主役はこの二人?向坂典子さんと、愛兎の碧(そう)ちゃんです。
いやいや、主役は作品の方か。でも、多くの作品のモチーフでもありますからね。
やっぱり碧ちゃんが主役かも。

向坂さんは長年野の花のスケッチも続けていて、そこから生まれた野花の作品も多いのですが、

今年は小皿、小鉢の新作もたくさん。

自家製柿渋を塗って作った一閑張のかごも、素敵だと思うなあ!
28日には、これを持って清滝川へ茶会に行くのが楽しみです。

さあ、みなさん、お越しをお待ちしています!

3月の展覧会は「向坂典子作品展」

3月23日(土)〜3月31日(日)まで、向坂典子さんの作品展が開催されます。
サブタイトルは、〜食いしん坊のうつわ屋さん、春を楽しむ〜
本業の陶芸はもちろんのこと、柿渋染、一閑張り、はりこなど、多彩なラインナップを予定しています。

土から捏ねて陶の器を作ること、野道で植物スケッチをして花の絵を描くこと、ウサギと遊びながら動きをとらえて作品にすること、市場で何十匹もの魚を買ってきてお腹を出して干物を作ること、肉を買ってきて燻製にしてベーコンや生ハムを作ること、向坂さんにとっては、どれも同じものづくりのように思えます。そして、展覧会でも、そうした技をいろんな形で披露してくださることと思います。

そして、毎年会期中の恒例行事となっているのが、清滝川河原での茶会。

形式的な「野点」ではなく、ほとんどピクニックに近いアウトドアな茶会ですので、どなたでも気軽に参加できます。

雨の時には室内になることもありますが、
(この年は向坂焙煎によるコーヒー茶会でした)

皆さんご一緒に、向坂さんの器でいただくお茶は、美味しいですよ。
今年は3月28日(木)午後1:30〜予定。参加費4000円には、お茶とお菓子はもちろん、向坂さんの器と柿渋染布がついています。どうぞみなさまのご予約お待ちしていま〜す!

今年の桜はどうでしょうね?早くに開花するかな?ここのところ寒いから例年くらいかな?
でもいつの年もちゃんと咲くから桜はえらいなあ!とおもいます。

竹紙型染とおくどさんのご飯

3月8日の「町家の日」にちなんで清滝テラで行った「竹紙型染とおくどさんのご飯」、イベント無事終了しました。

みな思い思いの型を好きなデザインに配置し、竹紙ハガキに型染め開始。同じ型を使っても、組み合わせや配置や色が異なるので、全く異なるオリジナルハガキになるんです。

途中、おくどさんからはご飯の湯気が立ち上り、食欲をそそります。
さあ、型染めが出来上がった頃に、ご飯も炊き上がり。
それぞれの味わいや工夫があって、どれも素敵な仕上がりです!
そして、みなさんそろって、「いただきま〜す!」

来た時には、知らない人同士だった皆さんも、帰る頃にはすっかり打ち解け、車で来られたお客様の1台の車に全員が乗って、もより駅まで帰られるという、楽しい展開の1日になりました。