カテゴリー別アーカイブ: 清滝テラ

「世界の竹紙と竹紙の可能性」展

7月23日(木)〜8月1日(日) 清滝テラにて
「世界の竹紙と竹紙の可能性」展 〜今竹生の竹紙展「即今」〜会期中開催
8月1日(土)創造と破壊のチャイ屋「Watte chai」11:00〜17:00出店
今竹生とテラ・小林の竹紙対談「竹紙の可能性と私」14:00〜15:00

ゴールデンウイークに予定していた展覧会でしたが、コロナ禍による休業自粛でオンラインで一部紹介する事となり、不消化でしたので、この時期に改めて展覧会させていただくこととします。

今年は愛宕山の千日詣りもコロナの影響を鑑みて7月31日の夜間参拝が中止となり、代わりに7月23日〜8月1日の昼間を参拝期間とされることとなりましたので、この時期に合わせて、展覧会を開催します。

テラ・小林がこれまでに訪れてきた中国、ラオス、ミャンマーなどの竹紙漉きの様子やその記録を写真を中心にご覧いただく他、日本の代表して、和歌山の菅野今竹生さんの竹紙展も会期中開催します。筑紫野保つ意味や可能性について、そして、私達が「今ここでできること」についても考え話し合ってみようと思います。

なお、年度初めのお知らせでは、清水範康さんと松岡宏大さんのコラボ展を予定しておりましたが、清水さんが急なご病気により入院されましたので、一旦中止、延期とさせていただくこととなりました。今は清水さんのご回復を祈りつつ、あらたな機会を待ちたいと思います。
どうぞご了解ください。

かつみゆきお展終了しました

かつみゆきお展無事終了しました。

かつみさんのエネルギーに引き寄せられるように、いろいろな人が来られました。すごく久しぶりの方や、え、この方ともご縁がつながっていたのか?みたいな方も。
かつみさんが最後に登られたカラコルムの難峰に、その前の年に登頂されたという日本人男性も、かつみさんと再会されました。どう考えてもパワーあふれる強運の持ち主と思われるお二人のお話は、見ているだけでも、なんだか強いオーラを感じました。
最高齢92歳の方もひとりでお越しくださいました(めちゃめちゃお元気でかつみさんとカメラ談義に花が咲いていました)。
脳梗塞の後遺症が残る方も来てくださいました。急な階段を登って2階に上がっていただくのはとても無理だろうと、私のほうが尻込みしましたが、その方はぜひとも2階に上がりたいと階段を上がられ、しっかりかつみさんの写真を見て自力で階下に降りてくださいました。

今回は、いつもにもまして、自分の人生をしっかり受け止めて生きている方々にお会いできた気がします。まあ、その代表格がかつみさんだと改めて思いましたが。

かつみさんを囲んで、穏やかな心地よい時間が流れていきました。私も久々に人と会話らしい会話をして、落ち着いた気持になりました。やっぱり、あたりまえだけれど、頭だけで考えながらひとりきりで過ごす時間と、人と過ごす時間空間は違う気持ちになるもんだなあ。

まだまだコロナも心配だけれど、ず〜っと巣の中に籠もってもいられないから、あたりを見回しながら少しずつ進んでいきましょうかね。

「ここにある額を売りつくし、次はもう一回ピレネー山麓にいくぞ〜!」と、額の半額セールを敢行したかつみさん、最終日までに、持ってこられた額はほとんど売り切れ御免となりました。おかげさまで次の旅行が少し近づいたようですよ。

かつみトラックは高速ではなくした道を走り続け、無事静岡に到着されたと、昨日お電話がありました。来てくださった皆様、ありがとうございました。

明日19日からかつみゆきお展始まります!

かつみ展搬入しました。
今回は、明らかにかつみさんの気持ちが旅の写真に向いていて、「ちょっと家具少ないんちゃいますか?」というキライはあるんですが、スーツケース2つ盗難にあって(あ、言っちゃった!)、なおかつこれだけの写真が残ったって、ある意味すごいことです(すべての写真が残っていたら、その数どれほどになったことか、と怖ろしくなりますが)。

1階はモノクロ写真と家具のすっきりした世界、

2階はぎっちり詰め込まれた密な旅写真と小物たち。
どうぞゆっくりご覧になってください。

(明日朝、入り切らない写真をどう詰め込むか、もうひと工夫しなくては!)

写真パネルを前に、旅の思い出を反芻しながら、飾り付けを考えるかつみさん。
この家具を全部売って「早くもう一度スペインに行くぞお!」とおっしゃっておいでです。なんて恐れを知らないポジティブシンキングなんでしょう!

お知らせ

7月末の千日詣りの前後に、ジュエリー作家の清水範康さんと写真家・松岡宏大さんのコラボレーションによる展覧会を予定しておりましたが、先月末、清水範康さんがくも膜下出血で倒れられ、現在は入院中でいらっしゃいます。これまでお元気で制作に励まれ、私達も展覧会を楽しみにしていましたので、突然の報に驚いております。今は状態が快方に向かわれることを祈るばかりです。

展覧会につきましては、どのような形を取ることが良いのか、ご家族、関係する方々とも相談を重ねました。最初は予定通りの催しをすることも考えたのですが、ノリさんは、作品展開催にあたっては、金属作品が一番良い状況でお客さんの前に出せるように手入れを怠らず、また身につける人が一番心地よく使えるように、サイズや個別調節を心がけてこられたとのこと。そのようなものづくりの姿勢を大切に考えるなら、やはり今回は展覧会開催を見合わせ、ノリさんご本人が快復されてから、しっかり立ち会っていただけるときに改めて展覧会を開催しましょう、ということになりました。
現在はご病状の快復を心よりお祈りして時を待ちたいと思います。

また、恒例の愛宕山の千日詣りにつきまして、先日愛宕神社より、今年は新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて7月31日の夜間拝観は中止するとの発表がありました。代わりに7月23日〜8月1日の昼間を千日詣りの拝観の期間とされるそうです。

そんな事情があり、7月下旬の展覧会につきましてはどうしたものかと考えた結果、いつもピンチのときに助け舟を出してくれる、龍神村の竹紙作家・菅野今竹生さんにお願いすることにしました。もともとゴールデンウィークのときに予定しておりました「竹紙の可能性を考える」展覧会を、千日詣りの時期に開催したいと思います。ネット上で紹介していた「世界の竹紙」につきましても、この時期に合わせて再展示してみようと思っています。

会期は7月23日から8月1日を予定しております。
会期中のどこかで、想像と破壊のチャイや「Watte chai」さんにも素焼きのカップで頂くチャイを出展頂く予定です。

 

 

梅雨の合間の清滝で

梅雨の合間の今日の清滝です。
明後日18日にはかつみトラックが家具と写真を積んでやってくる予定です。搬入のお手伝いを龍神村の竹紙作家・菅野今竹生さんにお願いしました。かつみさんも今竹生さんのことを「龍神さん」と呼んで親しくしておられます。がらんとしていた清滝テラに久々に人の声が響きそうです。

 

 

かつみゆきお 傘寿ひとり旅の写真展と 木の仕事

6月の展覧会をご案内します。
コロナウイルスの感染拡大を受けて、清滝テラも長らくお休みしておりましたが、少しずつ動き出そうと思います。再開の第一弾は、木工作家のかつみゆきおさんです。

昨年12月に、コロナ襲来を受ける前のスペイン、ポルトガル、フランスを一ヶ月間一人旅されてこられて、さまざまな体験、発見をしてこられたとのこと。その写真と旅の日記も展示します。

もちろん、本業である家具、テーブル、椅子、額、木の小物などの木の仕事も展示します。
かつみさんは会期中会場にお泊り予定です。
清滝テラは、山と川に囲まれた自然の中にある古民家で、もともと訪問者数も限られていますので、三密とは縁遠いとは思いますが、安全、衛生に気を配りながら、ゆっくりしたペースで展覧会を送りたいと思っております。

かつみゆきお展のお知らせ

京都の緊急事態宣言もようやく解除になりました。東京も週明けには解除の方向に向かいそうですね。

コロナウイルスも終息とは言えない状況ではありますが、どうなるかわからない恐怖と不安からは少しずつ落ち着き、なんとかこの状況の中でも自分たちらしく暮らしていく道を歩み始めたいと、それぞれが思い始めている頃ではないでしょうか。
私もそのように思い、清滝ギャラリーテラを再開しようと思います。

6月初めに予定しておりました「かつみゆきお 木の仕事展」、当初の会期予定を少し遅らせて、6月19日(金)〜6月25日(木)に開催したいと思います。

かつみさんはお元気に仕事を進めておいでです。
昨年12月にはスペインポルトガルフランスへの1ヶ月間のハードな傘寿旅をされました。旅が2ヶ月ずれていたらどうなっていたことか、、と思うと怖くなりますが、そのときの旅の写真も、木の仕事とともに展示予定しています。もちろん会期中かつみさんご本人も会場に滞在の予定です。

ちょうど展覧会の頃には清滝の川原にもホタルが飛びはじめている頃でしょう。ギャラリー玄関先のホタルブクロも花を咲かせ始めましたよ。

久しぶりに静かな清滝の自然のなかで、ゆったりした気分で、かつみさんとかつみさんの木の仕事の世界と旅の写真をお楽しみいただければ幸いです。

トンネルの向こう側

清滝テラでの向坂典子展が進んでいます。

今日は野点茶会の予定でしたが、残念ながら無情の雨にてお茶は清滝テラの2階で行いました。
川原での一服はかないませんでしたが、野花の茶碗が並ぶ中、茶箱を開いて気分は野点。リラックスして皆でかわりばんこにお点前し合いました。


お菓子は3色の練りきりを手作りしました。エゴノリという海藻を使ったくずまんじゅうのようなお菓子は向坂さん作です。


異なるお抹茶を二服いただいた後は、音庭園のお二人、村田聡さんとラブシェアリングひろこさんによるピアノとボイスの演奏を楽しみました。

世の中は明るいとはいえず、だれもが気分も暗くなりがちの今日このごろでしたが、トンネルを超えた先の清滝にはちいさな別世界があり、ここでは春のひとときをささやかに楽しめる、そんな幻想をいだいてしまうような一日でした。

この日をご一緒してくださったみなさんに感謝を!

始まります、向坂典子展

いよいよ向坂典子展始まります。
無事若狭から到着、搬入開始しました。

向坂家で育てられ、先日花が開花したばかりのセツブンソウも、大皿にじっくり描かれています。

皿や鉢もずらりと揃いました。いつもの小皿サイズに加えて、動物シリーズのちっこい豆皿サイズがすごく可愛いです。

うさぎの蓋物、今回は細部にこだわり、描き込まれています、こだわりはどこに?
それは見てのお楽しみです。

2階には百花が小鉢が新サイズとともにお目見えです。

竹紙カードはまた明日のお楽しみにとっておくことにします(実はまだ最後の展示準備中なんですが、竹紙カードも百花出来上がりそうな勢いですよ。これもどんな展示になりますか、新しい試みに挑戦中です)。

展覧会は3月6日(金)〜3月15日(日)まで清滝テラにて開催中です。

3月の展覧会について

3月6日から15日までは向坂典子さんの展覧会です。

このところ新型コロナウイルスの感染者拡大で日本中が騒然としています。
たしかに未知のウイルスに不安は増すばかりで、すでに全国規模のイベントや催しは中止が相次ぎ、昨日には全国の小中高校の休校要請も出されました。

そんな中で今度の展覧会をどうするべきかーー、向坂さんとも真剣に考え話し合ってきました。
来場される方々や、作家の向坂さん、自分たちも含めて、安全性はいちばん大切なことです。
そこはどうだろうか?
清滝は山里のギャラリーですから、もともとこの辺り一帯人は少なく、古民家ですから通気性はあり(隙間風?)、会期中でも大勢の人が会場内に押しかけるといったことはほぼありません。ただ、ここまで来ていただくためには、何らかの交通手段で移動して頂く必要があり、そこには何らかのリスクがないとは言えないと思います。
一方で、向坂さんは会期中は清滝テラに宿泊予定なので移動のリスクは少なく、私も自家用車で自宅と清滝を往復しているので、そのへんの問題は少なそうです。

はて、どうしたものか、、、。
いろいろ悩み迷ったのですが、私たちは今回、展覧会を予定通り開催しようと思います。
少なくとも、私と向坂さんは会期中会場にいて、安全衛生に留意しながら、ゆっくりのんびりと展覧会を開催する予定です。

向坂さんは福井の田舎で、一から十まで手作りの暮らしを実践しながらものづくりをしています.。テラもまた、人と自然により近づきたいと、街中から拠点をここ清滝に移し、足元からの暮らしを見つめてきました。
そんな両者ですから、私たちの催しは、街の大掛かりな集客イベントとは異なり、ここならではの小さな心落ち着く催しなのではないかと思っています。

健康状態や移動その他に不安を感じる方は、どうぞ無理をなさらず、またの機会にお越しください。もし、来ようと思ってくださる方がおいででしたら、会期中、私たちは安全衛生に留意しつつ会場におりますので、お会いできる喜びを噛み締めながら、ご一緒にゆったりしたひとときを楽しみましょう。

テラにはテレビもありませんので、しばしコロナのニュースから離れ、外界の喧騒を離れた時間が過ごせるかもしれません。消毒も大切ですが、時には心の洗濯の時間も大事なのではないかと思いました。

会場には、皿や鉢や型染めの中に、一足早い野の花がいっぱいです。
会場には、私たちも来場者もできる手仕事をあれこれ持ち込んでいる予定ですので、時間の許す方はご一緒にどうぞ。

以下は最後の制作中の向坂作品より。
黒い線は絵のアタリのための炭線で、これを窯で焼くと炭は炭化して消えるのだそうです。
完成品は会場にてご披露を。